ホーム > 生き方の、センタク。 > 週末の、センタク。 > 第8回 日本と世界の歴史&史跡、あなたはどっちをセンタク?

第8回 日本城郭検定/世界遺産検定

日本と世界の歴史&史跡、あなたはどっちをセンタク?

*

日本の文化遺産である城について学び、触れ
その奥深い魅力を知る。

日本城郭検定 画像/姫路市提供
公益財団法人 日本城郭協会

世界史と地理を遺産を通して学ぶ。
知識を体系化し、暮らしを豊かに。

世界遺産検定 (c)iStock(sborisov)
NPO法人 世界遺産アカデミー

日本城郭検定のここが魅力です!

お城イコール天守(天守閣)と思っている方がいませんか? 天守はあくまで城の一建造物で、それ以外にも楽しむ要素がたくさんあります。
城の仕組みを知り、建てられた時代背景や歴史を知ることで、城巡りがより楽しくなるはずです。
日本城郭検定では、レベル別に5段階の級を設け、検定対策の参考書も豊富にご用意しています。
ご自分のレベルに合わせて、チャレンジしてください。

世界遺産検定のここが魅力です!

近年、日本では富士山や富岡製糸場が話題になりましたが、世界遺産は現在1,000件以上あることをご存知でしょうか?
世界遺産検定では「世界遺産とは何か?」をはじめ、それぞれの遺産を通して、世界中の歴史、文化、伝統、価値観、自然環境などを学びます。
世界遺産のほとんどが有名な観光地なので、知識を得て、旅行に行ったときの感動は何倍にもなります。
テレビや新聞が報じる遠い世界の出来事も身近に感じるようになるでしょう。

日本城郭検定にトライしてみませんか?

入門者にはまずお城巡りに必要な基礎知識を学べる4級の受験をおすすめします。
問題数も少なく、漢字にはフリガナもふられているので、歴史の苦手な方やお子様でも気軽に受験できます。

世界遺産検定にトライしてみませんか?

世界遺産は一つひとつが物語を持っており、奥深く、学び続けることのできるテーマです。
学んだ後に実際に見に行く楽しさもあります。
受検者の方は小学生から90歳代まで幅広く、家族や友人と誘い合って受検する方もいらっしゃいます。

はじめるための入門書は?

日本城郭検定は入門級の4級から3級、2級、準1級、1級までの5段階です。
入門書としては、はじめての方でも楽しめるガイドブックをおすすめします。

【おすすめ入門書】
『知識ゼロからの日本の城入門』幻冬舎
『日本100名城公式ガイドブック』学研パブリッシング

*

詳しい情報はこちらから

はじめるための入門書は?

世界遺産検定は4級、3級、2級、1級、マイスターの5段階です。
初めての方には、入門級の4級または初級の3級のテキストをおすすめします。検定ではこれらのテキストから8~9割が出題されます。

【おすすめ入門書】
『きほんを知る世界遺産44 世界遺産検定4級公式テキスト』
マイナビ
『はじめて学ぶ世界遺産100 世界遺産検定3級公式テキスト』
マイナビ

*

詳しい情報はこちらから

ワタシたち、日本城郭検定を楽しんでいます。

20代 女性
私が今ハマっているのが「日本100名城スタンプラリー」。これは日本100名城ガイドブックに付録で付いているスタンプ帳なんですが、毎週楽しく全国のお城を巡っています。せっかくなので、お城の知識も試したいと思って、日本城郭検定4級にチャレンジしてみました。結果は見事合格!ますます、お城熱が高まっています!!

30代 男性
あるTV番組で日本城郭検定を知って2級をチャレンジしてみました。昔から歴史は好きで本を読んだりしていたのですが、今までと違った側面から武将やその時代のことを知ることができ、知識の幅が広がったと思います。今では暇を見つけては、職場の仲間と城や城下町に行って楽しんでいます!

60代 男性
城好きが高じて、週末ボランティアでお城ガイドをやっています。そのため、日本城郭検定は自分の知識の確認や、話のネタを広げるのに大いに役立っています。また、検定の認定証を持っていると、自信もついてガイドを聞いている方々からの信頼度も増すような気がします。昔に比べて、今ではお城好きの若い女性も増え、嬉しく思っています。

ワタシたち、世界遺産検定を楽しんでいます。

40代 女性
世界遺産を勉強したことによって、暮らしが豊かになりました。ワインのラベルを見て、「あ! この帆立貝の印はサンティアゴ・デ・コンポステーラ!?」とひらめき、ボトルの裏ラベルの説明を読めば、そんな由来が書いてある。ワインの味が時空を超える。とても豊かで楽しいひと時です。

50代 女性
世界遺産に出会ったとき、やっと探していたものを見つけた、と思いました。世界遺産を知ってその美しさに感動し、さらにそこをなぜ守っているか、その建物はどんな想いで作られたかを知って感動する。この年齢になると、いろいろなことに予測がついてしまい、心をそんなに揺さぶられることが少なくなるのですが、世界遺産は新鮮な情動を与えてくれました。

60代 男性
若い時から地理と旅行が大変好きで、世界遺産検定の受検は、海外の国の文化、芸術、歴史、地理、宗教、自然などに関して幅広く知識が深められ、その国のことをよく知る絶好の機会だと思いました。当初からの目標であった1級に合格したので、これからは妻と一緒に海外旅行、国内旅行で世界遺産の現地を訪ねて体験して、検定で学んだことと合わせて、自分なりに知識を体系づけていきたいと思います。

*

*

(c)iStock(rssfhs)

*

日本城郭検定の問い合わせ情報

日本城郭検定ホームページ
http://www.kentei-uketsuke.com/shiro/ *

世界遺産検定の問い合わせ情報

世界遺産検定ホームページ
http://www.sekaken.jp *

*

このページについてシェアする


その他の週末の、センタク。