ホーム > 生き方の、センタク。 > 週末の、センタク。 > 第5回 種類も魅力も豊富な日本の食材検定。あなたはどっちをセンタク?

第5回 種類も魅力も豊富な日本の食材検定。あなたはどっちをセンタク?

野菜ソムリエ/日本さかな検定(ととけん)

*

野菜・果物の魅力を知り、
幅広い場面で知識を活かす。

野菜ソムリエ
一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会

旬、産地、料理、行事、ことわざ・・・
日本のさかな文化を学ぶ。

日本さかな検定(ととけん)
一般社団法人 日本さかな検定協会

野菜ソムリエのここが魅力です!

野菜ソムリエは、野菜・果物の知識を身に付け、そのおいしさや楽しさを感得し、その感動を伝えるスペシャリストです。
資格取得後の活動は人それぞれ。料理教室を開催する人や、コラムの執筆、地域の食育活動、レストランや商品販売のアイデアに活用するなど、幅広い場面で野菜の知識を活かせることが魅力です。
学んだ知識は一生もの、日常生活にすぐ活かせます。

日本さかな検定のここが魅力です!

日本人と魚は古くより密接な関係があり、魚を通じて全国各地の食文化や四季折々の美味しい食べ方に出会うことができます。
日本さかな検定(愛称:ととけん)は、旬の魚・産地をはじめ郷土料理や伝統行事、ことわざや川柳にいたるまで目からウロコの魚情報が楽しみながら学べる検定です。

野菜の魅力を学んでみませんか?

会社員や専業主婦、シニア世代など幅広い年齢層の方が受講し、受講後も多くの方が連絡を取り合って、自分の得意分野での活動を楽しんでいます。食べることが好きな方は、野菜・果物について学ぶことで仲間とつながり、自らの世界を広げてみてはいかがでしょう。

さかなの魅力を学んでみませんか?

3級(初級)、2級(中級)、1級(上級・2級合格者対象)とレベルは3段階。初めての方は、まずは3級からがおすすめです。お得なペア割引もあるので、ご夫婦やお友達と一緒に受検してみてはいかがでしょうか。検定の開催要項についてはととけんHPをご覧ください。

始めるためには?

資格の取得を考えている方に読んでいただきたい、協会初の公式ガイドブックです。資格の内容、資格取得までのプロセスや取得後の活動の様子まで幅広く紹介。野菜・果物事典や、自身の知識が確認できる腕試し問題なども掲載しており、まずは野菜・果物のことを楽しく知りたいという人にもおすすめです。

*

【公式ガイドブック】
『野菜ソムリエ公式ガイドブック』 日本野菜ソムリエ協会/日本能率協会マネジメントセンター

【入門教室】
野菜ソムリエ養成講座のうち、入門講座としては、野菜・果物の魅力を知り、自ら楽しむことができる「ジュニア野菜ソムリエコース」を全国で開催しています。 通学制、通信制があり、ご希望のスタイルに合わせて学ぶことができます。
詳しい情報はこちらから

始めるためには?

公式ガイドブックは3級(初級)から1級(上級)対象のものと、2級(中級)・1級(上級用)の2冊があります。また、過去の問題とその解答を解説した副読本もあります。

*

【公式ガイドブック】
3級(初級)〜1級(上級)用
『からだにおいしい魚の便利帳/全国お魚マップ&万能レシピ』 高橋書店

2級(中級)・1級(上級)用
『からだにおいしい魚の便利帳』 高橋書店

【参考書籍】
『2014年版ととけん副読本/精選過去問題・解答・解説集』 日本さかな検定協会編
※書店販売はしていません(オンラインショップのみ)
詳しい情報はこちらから

ワタシたち、野菜ソムリエを楽しんでいます。

40代 女性
もともと野菜や果物に興味があって資格を取り、現在は料理教室や青果店で野菜のもつ魅力をお伝えしています。青果店では自分で考案した野菜メインの料理を調理して紹介し、お客様に試食をして頂いています。野菜の目利き、調理法、保存法などをお伝えすることで、お客様の表情が嬉しそうに変化するのを体感でき、多くの方とコミュニケーションできることを日々楽しんでいます。

50代 女性
説明会に娘と同行したことで野菜ソムリエという世界に魅力を感じてしまいました。食に関して無頓着だった私が野菜・果物を食べてみようと思えるようになり、自然と野菜・果物中心の食事になってしまいました。ヒトの身体は食べ物でできているという、当たり前のことを初めて実感できるようになり、今では180度生活習慣が変わり、120歳まで生きてやるぞ!と思えるようになれました。

50代 男性
最初は仕事に関係するので勉強を始めましたが、気が付けばいつの間にか野菜のとりこになっていました。今はその生産から流通、販売さらには飲食まで、年齢・性別を問わず野菜に関わる多くの友人ができ、野菜から健康と元気をもらいながら楽しく過ごしています。

ワタシたち、日本さかな検定を楽しんでいます。

40代 男性
会社の同僚と飲みに行ったときに魚のちょっとした雑学がきっかけで、会話が盛り上がることが増えました。魚を食べたことがない人はほとんどいないので、だからこそ共通の話題にしやすいところがいいですね。チャレンジすること自体が楽しく、蓄えた知識を人に話したくなる良い意味で“敷居の低い検定”だと思います。

50代 女性
主婦として、もともと魚を料理しておいしく頂くことが好きでしたが、夫の転勤に伴って各地で生活しているうちにより良い材料を求めてこだわる楽しみを覚えました。できるだけ旬の素材や季節感のある料理を大事にしたいと考えています。実は主婦の実践的な知識はすごいんです。もっともっと主婦に挑戦してもらい、主婦の実力を見てもらいたいと思います。

60代 男性
小学生の孫が「ととけん」に挑戦している姿に感化されて、孫と一緒に受検。年齢的に就職や資格につながる合否ではないものの、やはり受けるからには合格を目指しました。おかげで孫とともに合格!上手な魚の買い方や腕利きの調理人との出会いなど、日々の食生活に大いに役立ち感謝しています。

*

*

*

*

野菜ソムリエの問い合わせ情報

日本野菜ソムリエ協会HP
http://www.vege-fru.com*

野菜ソムリエナビ~野菜ソムリエブログリンク集
http://navi.831s.com/*
資格を仕事や暮らしにどう活かしているか皆さんの活動が分かります。

各種セミナー・イベント・勉強会のお知らせ
http://www.vege-fru.com/contents/hp0175/index.php?No=316&CNo=175*
資格取得者ではない方でも参加できるイベントも紹介されています。

日本さかな検定の問い合わせ情報

日本さかな検定協会
Tel.03-5212-6918

ととけんHP
http://www.totoken.com/index.html*

ととけんガイドブック販売
http://www.totoken.com/book/index.html*

*

このページについてシェアする


その他の週末の、センタク。