ホーム > 行き先を、センタク。 > 名水の郷を訪れる > 名峰の清流に憩う

名峰の清流に憩う

山岳風景と名水の涼 山梨県北杜市

まだ暑さが続くこの季節、名水の郷へ出かけてみませんか。
八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳などの南アルプスの山々に囲まれた北杜市は、豊かな水環境に恵まれた地域。湧水や渓谷、公園など、「水」の清涼感を堪能できるさまざまなスポットがあります。雄大な山岳風景のなかを歩いて爽やかな汗をかけば、日々のストレスもすっきり。清らかな名水を巡り、夏の疲れた心と体を潤す旅へご案内します。

信玄公の伝説が残る「三分一湧水」

信玄公の伝説が残る「三分一湧水」
名水・八ヶ岳南麓高原湧水群のひとつ「三分一湧水」。この湧水には、武田信玄公が三角石柱を築いて三つの村へ流水を分岐させ、村同士の水争いを治めたという伝説が残っている。湧水に隣接する「三分一湧水館」には、そうした湧水に関する歴史展示のほか、地元野菜の農産品直売やそば打ち体験の場もあり、湧水の恩恵をいろいろな形で知ることができる。周囲を木々に囲まれているため、涼しい木陰のなか散策するのも気持ち良い。

吊り橋の先に待つエメラルド色、尾白川「千ヶ淵」

吊り橋の先に待つエメラルド色、尾白川「千ヶ淵」
南アルプス・甲斐駒ヶ岳を源とする清流・尾白川。豊かな森と花崗岩に磨かれた名水は、地域の人々の生活を潤してきた。近年では、ミネラルウォーターやウイスキーの産地としても名高い。

尾白川では、いくつもの滝や渕が織りなす渓谷美を堪能できるが、渓谷道に入ると傾斜が厳しく登山に適した装備が必要となる。「千ヶ淵」は険しい渓谷道の手間に位置し、比較的気軽に行くことができる名所だ。駐車場から5分、甲斐駒ヶ岳の入り口「竹宇駒ヶ岳神社」の脇の吊り橋を渡り10分ほど歩けば、千ヶ淵の美しいエメラルドグリーンが広がる。深さを感じさせない神秘的なほど美しく澄んだ水面は、日常では出会えない、格別な清涼感を湛えている。

甲斐駒ヶ岳の麓の公園で、名水と戯れる

甲斐駒ヶ岳の麓の公園で、名水と戯れる
「名水、杜、人」をテーマにつくられた「名水公園べるが」。広大な敷地には、さまざまな形で水とふれあえる施設やスポットがある。「水路の見える散策路」で、名水の涼やかなせせらぎを聞きながら深い緑のなかを散策したり、「尾白川堰堤」で美しい渓流に手や足を入れて、ひんやりとした水の感触を楽しんだり。南アルプスの雄大な景色に抱かれながら、名水と戯れ火照った体を冷ます、至極の休息時間を過ごすことができる。

Data

山岳風景と名水の涼 山梨県北杜市

三分一湧水へのアクセス

電車で

JR東日本小海線(八ヶ岳高原線)
「甲斐小泉駅」から徒歩約10分

自動車で

中央自動車道「長坂IC」から約20分

千ヶ淵(尾白川渓谷)へのアクセス

電車・タクシーで

JR東日本中央本線「長坂駅」
からタクシーで約30分

自動車で

中央自動車道「長坂IC」
または「須玉IC」から約30分

※尾白川渓谷道には傾斜の急な箇所があるので、ハイキング、トレッキングには登山等に適した装備が必要です。渓谷道は例年、12月中旬~4月中旬まで閉鎖となるのでご注意ください。 詳細は北杜市の情報を参照してください

http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/genre/detail/1835/

名水公園べるがへのアクセス

電車・タクシーで

JR東日本中央本線「小淵沢駅」
からタクシーで約20分

自動車で

中央自動車道「須玉IC」
または「小淵沢IC」から約20分

旅の情報はこちらから

北杜市
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/ *

ほくとナビ
http://www.hokuto-kanko.jp/ *

名水公園べるが
http://www.verga.jp/ *

富士の国・やまなし観光ネット
http://www.yamanashi-kankou.jp/index.html *

このページについてシェアする


行き先を、センタク。に戻る

その他の名水の郷を訪れる