ホーム > 行き先を、センタク。 > 禅を旅する > 気軽に楽しむ精進料理

気軽に楽しむ精進料理

名刹と料理体験 京都府京都市・静岡県袋井市

仏教の戒律を守ること、仏道の修行に励むことを意味する“精進”。
精進料理とは、魚や肉を一切使わずに調理された食事のことで、禅にとって料理をすることも大切な修行。
禅の文化に触れることで、ココロとカラダを潤す旅。
シリーズ2回目は健康志向の食文化としても世界的に注目される「精進料理」をご案内します。

庭園の余韻を名刹の境内で味わう

庭園の余韻を名刹の境内で味わう
世界文化遺産の京都・龍安寺の石庭、通称「虎の子渡し」。龍安寺は応仁の乱で焼失後再建され、現在の石庭は明応8年(1499年)、同寺に築造されたと伝えられている。禅の極地を表現したといわれるこの枯山水の庭のすぐ南側に、世界中の人々が訪れる食事処「西源院」がある。龍安寺の塔頭でもある同院は、拝観順路内にあり、日本庭園を眺めるお座敷で精進料理と湯豆腐を予約不要でいただくことができる。石庭をゆっくりと眺めた後、作者不明といわれるこの庭の謎を解きながらの食事のひとときも楽しい。

京料理の旬を堪能する

京料理の旬を堪能する
海外のグルメガイドでも星を獲得している精進料理の名店「阿じろ」は、昭和37年(1962年)の創業。妙心寺の南門前に店を構え、伝統的な精進料理を会席風の京料理で楽しめる。妙心寺の庫裡(くり/禅寺では台所でもある)で料理方として修行を積んだ初代の「料理をすることも禅の大切な修行のひとつ」という心得は、精進料理の基本の「五味・五法・五色」にもとづいて、5つの味覚と5つの調理法、5つの色合いを組み合わせて仕上げられる。蓮の花が咲く季節に出される蓮根ご飯の美しさには “旬”をいただく、ありがたさが詰まっている。

本格的な精進料理を学ぶ

本格的な精進料理を学ぶ
徳川家康が名付けたと伝えられる曹洞宗の古刹・可睡齋。東海道一の禅の修行道場として、約600年の歴史を刻む。約10万坪の境内では多くの雲水とともに、坐禅、写経体験や宿泊も可能。予約すれば精進料理だけをいただくこともできる。また月2回行われる精進料理教室は、地元でとれる旬の食材を使い、動物性食品を一切使用しない本格的な精進料理を和尚から学べると、人気が高い。

Data

名刹と料理体験 京都府京都市・静岡県袋井市

龍安寺「西源院」へのアクセス

龍安寺「西源院」へのアクセス

電車で
嵐電北野線「龍安寺駅」下車、徒歩約7分

バスで
京都市営バス「立命館大学前」下車、徒歩約7分
京都市営バス、JRバス「龍安寺前」下車、徒歩約2分

自動車で
名古屋方面から
名神高速道路「京都東IC」から約45分、約16km
大阪方面から
名神高速道路「京都南IC」から約40分、約13km

阿じろへのアクセス

阿じろへのアクセス

電車で
JR西日本・京都市営地下鉄「京都駅」からJR嵯峨野線「花園駅」下車、徒歩約5分

バスで
京都市営バス・京都バス「妙心寺前」下車、徒歩約3分

自動車で
名古屋方面から
名神高速道路「京都東IC」から約40分、約15km
大阪方面から
名神高速道路「京都南IC」から約30分、約11km

可睡齋へのアクセス

可睡齋へのアクセス

バスで
JR東海道本線「袋井駅」から秋葉バスサービス「可睡」まで約10分、下車すぐ

自動車で
東名高速道路「袋井IC」から約5分、約3.5km
新東名高速道路「森掛川IC」から約15分、約10km

旅の情報はこちらから

旅の情報はこちらから

龍安寺「西源院」
京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
Tel:075-462-4742
営業時間:10:00~17:00 定休日:無休

阿じろ
http://www.ajiro-s.co.jp/ *

可睡齋
http://www.kasuisai.or.jp/ *

このページについてシェアする


行き先を、センタク。に戻る

その他の禅を旅する