ホーム > 今日の献立を、センタク。 > ほっこり、和食がいいね > 叩きれんこんと大豆の煮もの

減塩しながら、味わいしっかり

叩きれんこんと大豆の煮もの

叩きれんこんと大豆の煮もの

エネルギー
129kcal
塩分相当量
1.3g
調理時間
20
たんぱく質
4.8g
脂質
3.8g
炭水化物
19.7g
食物繊維
4.6g
コレステロール
0mg

※エネルギー、栄養価は1人分。「日本食品標準成分表2010」をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出

レシピを印刷する

おすすめキーワード
副菜・イソフラボン・ビタミンC・食物繊維・リノール酸・減塩・便秘予防・低脂質・通年

ポイントは、れんこんなど野菜は大き目に切り、野菜がやわらかくなってから醤油を加えること。
少量の醤油が中まで染み込まず表面を覆うので、しっかりとした味を感じることができます。
脂質が少なく、低エネルギー食材の大豆は、コレステロールを排出する働きのあるリノール酸、食物繊維などを含みます。

材料

2人分

れんこん 50g
人参 1/2本
こんにゃく 1/3枚
昆布 5g
水煮大豆 50g
いんげん 2本
ごま油 小さじ1/2

調味料

だし汁 1/2cup
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
濃口醤油 小さじ2

作り方

1 れんこんは皮をむき、すりこ木などで軽く叩き、乱切りにする。  
2 人参は乱切りにする。こんにゃくは下ゆでし、水にさらしちぎっておく。
3 昆布は2cm角に切る。
4 鍋にごま油を入れて12を炒め、だし汁を入れ沸騰すればあくをとる。
5 昆布、大豆、砂糖、みりんを入れて煮る。
6 野菜がやわらかくなれば、いんげんを加え、醤油を入れ軽く煮て仕上げる。

通年

このページについてシェアする


今日の献立を、センタク。に戻る

このページを見た人にこんなコンテンツもおすすめです。