ホーム > 今日の献立を、センタク。 > 簡単調理でカルシウムたっぷり > 小松菜ときくらげの干し桜えび炒め

小松菜と干し桜えびでカルシウムアップ

小松菜ときくらげの干し桜えび炒め

小松菜ときくらげの干し桜えび炒め

エネルギー
127kcal
食塩相当量
1.2g
調理時間
10
たんぱく質
7.9g
脂質
9g
炭水化物
5g
食物繊維
3.7g
コレステロール
140mg

※「日本食品標準成分表2015年版」をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出

レシピを印刷する

おすすめキーワード
主菜・たんぱく質・カルシウム・カリウム・β-カロテン・鉄分・ビタミンB2・食物繊維・精神安定・骨粗鬆症予防・貧血予防

野菜の中で牛乳と並ぶほどカルシウムが豊富な小松菜と、香ばしい干し桜えびでさっと作れて簡単にカルシウムが補える一品です。
きくらげには鉄分が多く含まれていて、摂取しにくいカルシウムと鉄分を取ることができます。
干し桜えびはカルシウムを取りやすい食材なので常備しておくと便利です。

材料

2人分

小松菜 1/2束(150g)
1個
きくらげ(乾燥) 8g
桜えび(乾燥) 大さじ4(10g)
サラダ油 小さじ2
ごま油 小さじ1

●調味料

薄口醤油 小さじ1
小さじ1/6
黒こしょう 少々

作り方

1 きくらげは水でもどし、ひと口大に切っておく。
2 小松菜は4㎝長さに切っておく。
3 フライパンにサラダ油小さじ1を入れて温め、溶きほぐした卵を入れて炒め取り出す。
4 フライパンにサラダ油小さじ1を入れて温め、干し桜えびを加え香りを出し、21を入れ、炒める。
5 調味料で味を付け、卵を戻し火を止めて、ごま油を絡め、器に盛る。

通年

このページについてシェアする


今日の献立を、センタク。に戻る

このページを見た人にこんなコンテンツもおすすめです。