ホーム > 今日の献立を、センタク。 > 梅雨はさっぱり味でひと工夫 > 焼き夏野菜の土佐酢かけ

梅雨時の食欲不振は土佐酢で解消

焼き夏野菜の土佐酢かけ

焼き夏野菜の土佐酢かけ

エネルギー
40kcal
食塩相当量
0.7g
調理時間
15
たんぱく質
2.3g
脂質
0.2g
炭水化物
8.6g
食物繊維
2.3g
コレステロール
2mg

※エネルギー、栄養価は1人分。「日本食品標準成分表2010」をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出

レシピを印刷する

おすすめキーワード
副菜・ビタミンC・β-カロテン・リコピン・アスパラギン酸・疲労回復・食欲促進・夏・通年

夏野菜のナスやトマトをグリルでさっと焼いて、土佐酢とかつお節でさっぱりといただきます。
アスパラガスはアミノ酸を豊富に含み、疲労回復に効果があります。
酢酸も糖分と一緒に取ることで疲労回復を助け、消化酵素の働きを高めるなど、暑さで食欲のない時期にもおすすめです。
ナスは暑い時期に体を冷やしてくれる効果があります。熱いままでも、冷やしてもお好みでどうぞ。

材料

2人分

ナス 2本
アスパラガス 2本
プチトマト 4個
生姜(すりおろし) 5g
かつお節 少々

土佐酢

だし汁 大さじ1
大さじ1
砂糖 小さじ1
薄口醤油 小さじ1・1/2

作り方

1 ナスは熱が通りやすいように表面にフォークで穴をあける。
2 アスパラガスは軸の下の部分を切り、はかまを取っておく。
3 グリルにナス、アスパラガス、プチトマトを入れて焼く。
4 4~5分加熱して、先にアスパラガスとプチトマトを取り出す。
5 ナスはさらに加熱して、焼き上がったら冷水に取り、皮をむく。
6 土佐酢を合わせておく。
7 ナスは4㎝位に切り、荒くほぐしておく。アスパラガスは4㎝長さに切る。
8 器に野菜を盛り付け、土佐酢をかけ、上から生姜のすりおろしとかつお節をのせる。

通年 夏

このページについてシェアする


今日の献立を、センタク。に戻る

このページを見た人にこんなコンテンツもおすすめです。