ホーム > 今日の献立を、センタク。 > おいしく食べて体あったか > 牡蠣の中華風南蛮

滋養たっぷりの牡蠣を、相性の良い野菜と一緒に

牡蠣の中華風南蛮

牡蠣の中華風南蛮

エネルギー
143kcal
食塩相当量
1.1g
調理時間
20
たんぱく質
4.1g
脂質
6.8g
炭水化物
14.5g
食物繊維
1.2g
コレステロール
26mg

※「日本食品標準成分表2015年版」をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出

レシピを印刷する

おすすめキーワード
主菜・たんぱく質・タウリン・ビタミンB12・カルシウム・鉄分・亜鉛・β-カロテン・冷え予防・疲労回復・血行促進・肝機能改善

冬の味覚、牡蠣はたんぱく質やミネラル分豊富で冷えた体を温めるにはもってこいの食材。グリコーゲン、タウリンなどの疲労回復成分や、鉄や亜鉛などを多く含みます。いつもの食べ方とちょっと目先を変えて、フライパンで焼き甘酢に漬けて南蛮風に。香味野菜と合わせて風味ゆたかで食べ応えもしっかり、あつあつでも、冷めてもおいしくいただけます。

材料

4人分

牡蠣 100g
玉ねぎ 1/4個
パプリカピーマン赤 1/8個
ピーマン 1個
人参 20g
香菜 少々
サラダ油 小さじ2

●牡蠣の下味

大さじ1
片栗粉 大さじ1

●甘酢

大さじ1
大さじ2
砂糖 小さじ2
濃口醤油 小さじ1
ごま油 小さじ1
輪切り唐辛子 少々

作り方

1 玉ねぎは薄切り、パプリカピーマン、ピーマンは種を取り線切り、人参は線切りにする。
2 甘酢を合わせる。
3 牡蠣は洗って水分をとり、酒で下味を付け、片栗粉をまぶす。
4 フライパンにサラダ油を入れ、3を両面焼き、焼ければ2に漬け込む。
5 フライパンに1を入れ、空炒りし、4に漬け込む。
6 味がなじめば器に盛り付け、香菜を飾る。

通年 秋 冬

このページについてシェアする


今日の献立を、センタク。に戻る

このページを見た人にこんなコンテンツもおすすめです。