ホーム > 東和薬品の、センタク。 > 【包装デザイン】 おくすりシートの「デザイン」を見れば東和薬品ってわかるんです。

包装デザイン おくすりシートの「デザイン」を見れば東和薬品ってわかるんです。 おくすりの包装などをデザインする 生産本部 包装技術部

シートやパッケージなど包装デザインは、おくすりの『扱いやすさ』や『わかりやすさ』につながります。デザインも含めて、東和薬品のジェネリック医薬品が目指す『高い品質』なんです。

Q おくすりの包装デザインってそんなに重要なのかしら?

A 患者さんやそのサポートをする方、薬剤師さんにも「わかりやすい」デザインが必要なんです。
患者さんやそのサポートをする方、薬剤師さんにも「わかりやすい」デザインが必要なんです。

おくすりに関連するデザインはさまざまです。錠剤などのおくすり本体、錠剤のシート包装(PTPシート)、アンプルや点滴バッグなどのラベル、薬局に納品する際の外箱などがありますね。
いずれも、患者さんや家族の方が見た時に何のおくすりか見わけやすく、お医者さんや薬剤師さんにとっても扱いやすいよう、工夫を重ねています。
デザインによるわかりやすさは、おくすりの飲み間違いなどを防ぎ、安全性にもつながりますので、東和薬品では、高い品質のおくすりづくりに欠かせない重要な要素と考えています。

Q 東和薬品がいち早く取り入れたデザインもあるそうね。

A OD錠の割線に合わせた製品名の印刷を、世界で初めて実現しました。
OD錠の割線に合わせた製品名の印刷を、世界で初めて実現しました。

東和薬品の錠剤シートは、1錠ごとに分割しても、表と裏が同じデザインで、製品名や含有量が記載されています。また、何のおくすりかわかるように表示されているものもあります。たとえば、「高血圧の薬」と表示があったり、胃薬には胃のマークを入れてわかりやすくしているものなどですね。
こういったデザインの採用は、ジェネリック医薬品メーカーとして、いち早く対応して、今では多くの製品に適用しています。
これまで手がけたデザインの中で苦労したのは、錠剤を割っても、それぞれが何のおくすりかわかる錠剤への製品名の印刷です。OD錠(口腔内崩壊錠)の割線に合わせて印刷するという、このアイデアを世界で初めて実現できたのは、印刷機メーカーさんとも粘り強く試行錯誤した成果ですね。

Q 東和薬品は、デザイン開発にも積極的なのね。

A 患者さんのためを考えるから、デザインの改善にも素早く対応できます。
患者さんのためを考えるから、デザインの改善にも素早く対応できます。

デザインを開発する際には、世の中にある製品を詳しく調査しています。しかし、発売されてから時間が経つとどうしても製品数が増える分、他社さんの製品デザインと似ているものが出てくることもあるんです。デザインの変更には、パッケージをつくり直すといったコスト面の課題などもありますが、お医者さんや薬剤師さんとお話をして、間違うリスクがあるといった意見が出てきた場合には「患者さんのことを考えて」変更すべきだと、積極的に取り組む方針をとっています。
東和薬品が目指す「製品総合力No.1の製品づくり」には、デザインも含めてNo.1でなくてはという使命があるからです。

※ 掲載内容はすべて取材当時のものです。