ホーム > 東和薬品の、センタク。 > 【情報の架け橋】 お医者さんや薬剤師さんの声を社内に届け、患者さんが笑顔になるための架け橋に。

お医者さんや薬剤師さんの声を社内に届け、患者さんが笑顔になるための架け橋に。

東和薬品のくすりについて『理解しやすい』情報と製品をお届けしながら、日々顔を合わせている医療現場からのご意見を社内に届け、『高い品質』のくすりづくりにつなげます。

Q 東和薬品は直接おくすりを医療現場にお届けしているんですってね。

A 東和薬品では、おくすりの販売、お届けすることもMRの仕事。それだけに責任や信頼が問われます。

一般的にMR(医薬情報担当者)は、病院や薬局などに医薬品に関する情報を提供・収集するのが主な業務なのですが、東和薬品のMRはそれに加えて、直接おくすりを医療現場にお届けしたり、販売も担当します。医療現場にお届けするおくすりについては、事務的な作業も含めてすべてMRが責任を持っています。
業務が多岐にわたるので、大変ではありますが、だからこそ医療現場でおくすりに求められていること、さらには患者さんが希望していることなどの生の声を聞く機会も多くなります。それには、お医者さんや薬剤師さんとの信頼関係を築くことも必要になりますね。
販売もMR自身がしていますから、必要なおくすりをすぐにお届けできます。そういったスピード感のある対応も喜ばれる点ですね。

Q お医者さんや薬剤師さんの声を聞くことって、大切よね。

A 東和薬品のMR数は、ジェネリック医薬品メーカー最多です。医療現場の声を、より良いおくすりづくりに活かす仕組みもあります。

東和薬品のMR数は、ジェネリック医薬品メーカーでは最多を誇ります。MRが病院や薬局にお伺いして「顔の見える営業」をおこなうことが信頼につながり、「今の現場の声」を数多く伺っています。
東和薬品ならではのRACTAB(ラクタブ)技術による、口の中でさっと溶けて水なしでも飲めるOD錠(口腔内崩壊錠)を褒めていただくこともあれば、「もっとこうしてほしい」「こういう点を変えられないか?」という率直なご意見やご要望もいただきます。それこそが、東和薬品のくすりをさらによくする原動力になるわけです。
東和薬品には、医療現場からのご要望などを集約して研究や生産などの部門が検討する仕組みがあり、おくすりの改善や研究に反映しているんです。

Q MRが、患者さんと東和薬品をつないでいるのね。

A 東和薬品は、いろいろな部署が一丸となって、「患者さんのため」の情報を医療の最前線に提供しています。

東和薬品では、医療現場からのお問い合わせやご要望を学術部DI(ドラッグ・インフォメーション)センターで受付けています。MRがお医者さんや薬剤師さんからいただいたお問い合わせは、社内で蓄積したデータをもとに、学術部DIセンターが必要な資料として用意し、迅速にお答えすることができます。
また、おくすりについての専門的なご質問をいただいた時には、おくすりのもとになる原薬や製剤に関する部署の担当者と一緒に医療現場に伺い、ご説明することもあります。東和薬品のくすりの良さを理解して、正しく患者さんに飲んでいただくために、全社で協力できるのも東和薬品の強みです。
私たちの活動が、最後におくすりが届く患者さんの笑顔につながれば、そんな架け橋になれたらいいなと思っています。

※ 掲載内容はすべて取材当時のものです。